EV・PHEV補助金の申請

本日、弊社関係者の自宅にEV・PHEV用のコンセントを助成金を使用してを取り付けたいとこことで、早速ネットにて申請を行いました。
この後に画面上で作成した物を印刷し他の書類などと合わせて郵送します。
画像



弊社関係者となりますので、本工事で利益を出していけないとの条件があり、
「利益等排除申告書」なる物を作成して提出します。
なんとか辻褄はあっている思いますが、このまま通るか心配なところです…
ちなみに弊社では基本的に助成金の申請はお客様にて行っていただくことを推奨させていただいております。
個人住宅向けの「第四の事業」の申請は比較的簡単なのと、助成金額もあまり多くはありませんので、
代行手数料を考えますとお得感が大分減ってしまいます。


EV充電設備工事の件で、おかげさまでお問い合わせが増えています。
申し訳ございませんが、ご相談につきましては当社EV工事施工地域で
無料の現地調査、お見積もりをを行なわせていただける方のみとさせていただいております。
(お客様のご都合での複数回の調査を伴うお見積もり変更は距離や内容によっては
2回目以降はお打ち合わせの上有料になる場合も御座います。)


施工可能地域に関しましては右にあるリンク「所属会社」のHPをご覧ください。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0